カテゴリー「ログ」の592件の記事

2020.01.05

最後のあがき

1月5日、晴れ/曇り、気温22℃。北寄りの風強し。
強風(10m以上)・波高(5→3m)との予報だったが、昨日はイルカが出たと言うし、藁にも縋る状態で海へ。ゲスト1名+ローカル2名+αで、どんぶらこっこと島影・・・ が、無い。西のうねりに、北からの強風。南に回って海況穏やかな湾内でも、風がビュービュー。

父島側のミズタマヤッコのハレム健在。♀が6尾ほどいて、ホントにハレム状態でした(ほか何か所か知るトコでは、せいぜい数尾:見えていない広い範囲にいるのかも)。なので、こちらでも、ちっこいミズタマいないか探したが、見当たらず・・・

今日はマクロ仕様で、特に出物無し。目につくものをパシャパシャと。なので、今日の写真は、この前のわくわくセットの写真を、別バージョンで ヽ(^。^)ノ

2001030036
ミズタマヤッコの子

2001030018
タテジマヤッコの子

今日も逢いに行きたかったが・・・

イルカ無し。クジラは・・・ 穏やかな海域ではブローさえも確認できず。帰路、西側を航行中の、ドッタンバッタンなところで遭遇したが、為す術無し。ホントに荒れた海が好きなのかな?

| | コメント (0)

2020.01.03

これがあるから止められない ヽ(^。^)ノ

1月3日、曇りのち晴れ、気温20℃。北寄りの風。今朝は寒かった・・・
今日は、ゲスト1名+ローカル2名で、海へ。うねりは徐々に収まりつつあり、場所によっては濁りも収まってます。水が青いうちに、イルカと逢えないかなぁ~ 贅沢?

ダイビング中、クジラのソングは聞こえるものの、上がっても姿形認められず。この年末年始、万難を排し賭けてたのに・・・ 帰路、父島の西沖を南下中、3艘のボート近くで連続ブリーチを確認。大抵、こちらが到着する頃には終わるのですが、湾口まで戻っても、まだ、バシャバシャしてる (゜-゜) で、参戦するも・・・ やはり、撃沈・・・

ダイビングはマクロモードで、ミズタマヤッコの子どもに逢いに行ってきました。元気そうでした (´▽`*)

2001030028
ミズタマヤッコの子

その途中、いつかは(漠然と)逢いたいと願っていた(小笠原では稀)子に逢えました(できれば、チビの頃に逢いたいのだが・・・)。やはり、いいこと(新たな出逢い)は、たまぁ~にあるんだな (´▽`*) 可能な限り、通わないと。

2001030014
タテジマヤッコの子

| | コメント (0)

2020.01.02

2020年、潜り始め

1月2日、曇り、気温20℃。北の風。
ゲスト1名+ローカル1名(自分)のみで、今年一発目のダイビングへ。
海はうねりが入り、お天気もいまいち。北風冷たく、どんぶらこっこと3ダイブ+ホエール・ウォッチング。
ザトウクジラは3ポッド確認できましたが、相変わらずどれも渋い・・・。
ダイビングは撮影機材トラブルで・・・ 文字どおり初っ端から出鼻を挫かれた感じ。早々に切り上げ、14時前には戻ったものの、そんなこんなで、今日の写真は、まだ、ハウジングの中のカメラの中のSDの中のまま・・・

3本目、バショウカジキが通過したらしいが・・・ 今日の写真は、昨年の潜り納めの時のシロワニで。

1912300232

1912300508

1912300226

機材トラブルは、現場でイロイロ試してストロボ故障を疑っていたが、帰って来てからさらにイロイロ試したところそれは大丈夫。で、何が悪いかとなると・・・ 光ケーブルを繋ぐゴム部品のようだが、微妙な位置調整で同調する。でも、少しズレるだけでダメ (-_-;) 困ったなぁ~

| | コメント (0)

2019.12.31

2019 DIVING LOG

ダイビング・ログ 2019年の集計結果。

191231_2019log_01

191231_2019log_02

夏以降、台風のせいで、ほぼ隔週でしか海に出られなかったものの、「出れるときは、悪くても行く」と、ガンバッタ(:「なにもこんな時・・・ ムリせず、いいとき行けばいいじゃん」だと、この半分くらいになるかと・・・ 行っても「何も出ないよ」が保証されれば行かないのだが・・・)? ものの、1月、全くの海ナシだったせいもあり、本数は微妙に少な目(もちろん、数を増やすことが目的ではないが)。
やはり、ポイントの偏りが目立つ。海悪く、何とか出れても島影や湾内をウロウロと行動範囲が狭く・・・ の、結果かな? 滝之浦湾内だけで20本以上(通えばイロイロ出逢いもあって、楽しんでますが・・・)、半分近くはブイ・ポイントかな。「イエロー」は、通うようなポイントじゃぁ・・・ 悪くはないのだろうが、もう、“常に濁っていて、うねりで揺れる”ポイントとして刷り込まれてる・・・ 1年で1本だけのポイントも、魅力がないわけではなく、行きたくともなかなか行けないポイントが多い・・・ あとここしばらくの懸案。ダイビングじゃないけど、チェックしたらイルカも今年は8回しか逢ってない・・・ こんなんだっけ? 頻繁に逢えるイメージだったが・・・
傾向を把握し有効な対策をとる・・・ って、どうすればいい? そう言えば、旺文社の「傾向と対策」って、まだあるのかな? 
来年は、たくさんのいいことがありますように ヽ(^。^)ノ

| | コメント (0)

2019.12.30

2019年、潜り納め

12月30日、晴れ/曇り、気温22℃。南東の風。
昨日のメンバーに、さらにローカル+1名で、海へ。朝は、まだ、うねりが残っていましたが、帰るころにはすっかり凪・・・ 自分が終わると? 後ろ髪を引かれる思いで、今年の潜り納めでした。

朝一、ヒレナガンパチが群れでお出迎え (´▽`*)

1912300015

シロワニは3尾いました ヽ(^。^)ノ

1912300140

オオモンカエルアンコウも健在 o(^o^)o

1912300772

道中、ザトウクジラ3ポッド確認。が、どれも渋く、すぐ潜ってお終い・・・ 来年に期待。

| | コメント (0)

2019.12.29

いたぁ~ ヽ(^。^)ノ

12月29日、晴れ、気温22℃。北東の風。
2019年最後のおが丸入港日(着発便)。年末年始を小笠原で迎える方々、789名ご来島。

の、方々と、午後からダイビングに行ってきました。
今日はポカポカ陽気で、海から上がっても寒くない。うねりは、随分と落ち着きましたが、水は白い。やはり島影で、2ダイブ。
ダイビングの合間にザトウクジラにも逢えました。遠くのブローに向かって行って、テールアップも確認できぬままに姿無し・・・ が、いきなりボートの後ろで浮上 (゜-゜) 見失って、どこにいるか???の時って、いつもボートの真後ろに上がるのは、なぜ?

1912280011
ミズタマヤッコの子ども

昨日のミズタマヤッコの子につづき、今日は、行方不明だったメイキュウサザナミハギのチビにも逢えた ヽ(^。^)ノ 小笠原のダイビング・ガイドさんさえ、ほとんど逢ったことのない(たぶん)チビ。やはり、アタックされてる(食われそうになってる)ようで、ボロボロだったし、前回逢った時より警戒心が・・・ やはり、ポヨポヨしてたら、生き残れないのか・・・

1912290098
メイキュウサザナミハギのチビ(シェブロンタン)

ゴシキイトヒキベラの♂も健在(単独なのに婚姻色でウロウロしてる姿は悲しいが・・・)。今、湾内沈船ポイントが熱い (´▽`*)

| | コメント (0)

2019.12.28

内職・・・

夜なべしたけど・・・ じゃなくて、マスクの改造(?)部分をリペアしました。最期はポキッと逝ってしまいましたが、先代(初代)は、なんだ・かんだと、随分もったなぁ~ これで、また、しばらく安心。

191228
大人(?)にならなきゃわからない、大人の事情 (´▽`*)

12月28日、晴れ/曇り、気温21℃。北寄りの風強し。
今日、東京出港のおが丸は、年末年始を小笠原で過ごされる 789名のお客さんを乗せて出港した模様。明日から、島の人口が 1.3倍以上になります。年末年始を内地で過ごすために上京した島民の数を反映できれば、比率は 1.5倍近くになるかなぁ~?

で、その直前、閑散としてる今日は、ローカル4名+ロングなゲスト2名で、どんぶらこっこと、海に行ってきました。だいぶ落ち着いてきてるようですが、それでも、かなりなうねりが入ってます。
恒例の、島影でじっくりまったり3本勝負。イルカ・クジラ無しも恒例。
久しぶりのポイントで、ミズタマヤッコの子どもに逢えました。
あの子(いつ行ってもボロボロだったチビ)かなぁ~? いなくなっても、1尾毎にそれっぽいサイズで補充されるわけではないので、きっと、あの子だ。写真は撮りましたが、今日は、ほか、ほとんど写真撮ってないので、バッテリー交換「要らん」と、写真は、ハウジングの中のカメラの中のSDの中のまま。後日、アップします。
明日も、おが丸入港後ダイビング ヽ(^。^)ノ 天気も海も、期待できなさそうですが・・・ 行っとかないと・・・

| | コメント (0)

2019.12.22

12222222 (゜-゜)

12月22日、晴れのち曇りのち雨、気温26℃。南の風強し。
おが丸入港日。
師走の駆け込み? ダイブ、昨日の面々+今便のゲスト2名で、入港後、ダイビングに行ってきました。風だけでなく、うねりも強くなって、水は白く濁り・・・ とぉ~くの、ザトクジラのブリーチ・・・ を、横目で見ながら、サックっと湾内2ダイブ。

最近、キンリンサザナミハギのチビが目立つ。例年だと1~2月ほど前の頃なのだが・・・ 水温が高いせい?

1912220072

1912220075
キンリンサザナミハギのチビ

今日の2ダイブ目、エントリー前にダイコンをチェックすると「12222222」と、「2」で埋まってる。また、壊れたかぁ~? と、よくよく見れば、12月22日(日付)/22時間22分(前のダイビングのエクジットからの経過時間)でした。「また出費か、それもダイビング前に・・・」の、ダブルパンチかと、最初に疑ってしまうのは、前科者だから?

| | コメント (0)

2019.12.21

とりあえず (´▽`*)

12月21日、晴れ/曇り、気温25℃。東寄りの風。
ゲスト2名+ローカル4名+αで、海へ。水はまだまだ青く、水温もまだ低くないが、雲多めで、うねりも少々。やはり、快晴・べた凪は週末まで続かなかった・・・ 

でも、なんとか、今シーズン初クジラに遭遇 ヽ(^。^)ノ
三日月山展望台沖に2頭。数回の呼吸で潜ると10~30分出てこない、渋い感じ。遠くにブリーチも見えたらしいが、自分は見てない・・・

1912210026
ザトウクジラ

昨日、絶好調だったらしいが、今日は少々・・・

1912210190
ウシバナトビエイ

そうそう、シェブロンタン、行方不明 (+o+) 成長を楽しみにしてたのに・・・

| | コメント (0)

2019.12.08

なんとなく、イイ感じ (´▽`*)

12月8日、雨/曇り、気温23℃。北東の風強し。
おが丸出港中。ローカルのみ3名で海へ。2週間ぶりの海ぃ~ ヽ(^。^)ノ が、雨で視界悪く、うねりも入り、湾内で、まったり3ダイブ。
イル・クジの姿も無し・・・ でも、海に出れるだけシアワセ・・・ か?

でたぁ~ メイキュウサザナミハギのチビ(シェブロンタン;Chevron Tang)

1912080060

2か月ほど前に、大きくなった子どもに逢って、もっと小さいころ(ステージ)に逢いたかったと思っていたものの(もう、12月だし・・・)、あきらめていたが (´▽`*)
やはり、海に出れるだけで、シアワセな気分になれる ヽ(^。^)ノ

おまけ的に、“ハギ”繋がりで、キンリンサザナミハギのチビ
1912080123

| | コメント (0)

より以前の記事一覧