« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月の46件の記事

2020.09.30

久々な、この前のナイトで・・・

深海系な出物は無かったが、撮った写真、何点かペタペタと・・・

チョウチョウウオの類チビ(トリクチス幼生)。頭、固そうです (´▽`*)
チョウチョウウオの類チビ

チョウチョウウオの類チビ

コチ科の一種のチビ
コチ科の一種

| | | コメント (0)

カメ・バブル

アオウミガメ
アオウミガメ

8月に逢った気のいいカメの写真も、これでひととおりのパターンをアップできたかな? ストックとして残った枚数 180枚。撮影枚数は倍以上はあったかと (´▽`*)
普通にしてるだけでいいのに、サービスも満点 o(^o^)o

アオウミガメ
第2使徒リリス?

アオウミガメ
カ〇゛・ダンス?

| | | コメント (0)

2020.09.29

ホットなポイント

距離と潮の具合などの要因で、そうそう潜れないポイント。今井合宿のスペシャル・メニューでトライ。今回のパラサイト(寄生・便乗)では、水(透明度・青さ)も魚(数・群れ具合)も、とてもイイ感じでした o(^o^)o

ムレハタタテダイ

ムレハタタテダイ
ムレハタタテダイ

コクテンカタギ

コクテンカタギ
コクテンカタギ

| | | コメント (0)

ホットなポイント

ミズタマヤッコ♂相
背びれを広げ、動きがあっていい感じの画。が、特徴の尾びれの水玉が・・・
ミズタマヤッコ

↓ コレ(尾びれの水玉。水色じゃないけど・・・)
ミズタマヤッコ

小さい魚でも、フィッシュアイ・ズームレンズでこれくらい撮れれば(トリミングしてます)、十分な証拠写真 o(^o^)o
ニラミハナダイの♂・♀
ニラミハナダイ

ニラミハナダイのハレム
ニラミハナダイ

ココで、バショウカジキも逢えたし、お気に入りなポイントのひとつ。ただ、ず~ っと白く濁ってるんだよなぁ~

| | | コメント (0)

2020.09.28

とはいえ・・・

台風13号に熱低、梅雨前線と、ごちゃごちゃ? してきた気圧配置図。おが丸入港中2日目、前日までの予報をものともせず、夕方まで上々でした。さすがに、強運の持ち主は違う。
パラサイト、取りこぼしはイタかったが、ドルフィン・スイムは \(^o^)/

ミナミハンドウイルカ
ミナミハンドウイルカ

| | | コメント (0)

2020.09.27

もとどおり (´▽`*)

スコ~ んと何もいなかった根魚ポイント。たくさん根魚戻ってました。
写真整理して、たくさん撮ってたのにビックリ。なので、ペタ・ペタとアップ (´▽`*)

沖二子

沖二子

沖二子
“沖二子”

今日の写真整理、あと、イルカを残すのみで、ちょっと休憩 (V)o¥o(V)

| | | コメント (0)

・・・

9月27日、晴れ/曇り、気温31℃。南寄りの風。
残暑? キビシイ小笠原。でも、台風13号の余波に、梅雨前線? 南下と、これから荒れそう・・・
おが丸入港中。ゲスト1+ローカル2で、海へ。
このゲストも持ってた。ダイビング船に乗って~ の、リクエストがイルカ (´▽`*) そうそうそんなチャンスは・・・ が、この前、書いたばかりの、十年に一度のシチュエーションを、さらっとゲット・・・
砂地に穴ポイント、いつもならショートカットも考える(地形が面白い。中に何か特別なのがいるわけでもない穴)が、注意されたばかりなので、大人しくケツでついて行ったら・・・ まさに自分だけ、白い砂地のイルカたちに逢えなかった・・・
そこからも、「そうそう」と、いいながらも僅かな期待を込め、「イルカ出ないかなぁ~」と、ずっとキョロキョロ、ソワソワしてたが、皆さん余裕の遭遇済み。上がってから、驚愕の事実を耳にして・・・ (+o+)
そのあと、ドルフィン・スイムは、できたんだけどね (^。^)y-.。o○

ギンガメアジ
ギンガメアジ
このポイント、なかなか透明度がスコーンと、ならないな。

こもれび
こもれび
この頃、皆さんイルカと興じてたらしい・・・

ユウゼン
ユウゼン
3本目は、のんびり、恒例の、ユウゼンたちと興じる (´▽`*)

| | | コメント (0)

2020.09.26

おともだち

ワイドな出物が乏しいときは、底で、ユウゼンと遊ぶ ヽ(^。^)ノ
・・・ユウゼンの写真が増えていく。水が青いので、まだまだマクロメインへのスイッチは悩みどころ。

ユウゼン

ユウゼン

ユウゼン

ユウゼン
ユウゼン

| | | コメント (0)

2020.09.25

パラサイト

この前、白い砂地のダイビング・ポイントでイルカに遭遇 ヽ(^。^)ノ
それほど深くなく、水中も明るく光がよくまわる。底の、イルカの影もイイ感じ。はしゃぎ過ぎて、大量エアー消費 (´▽`*)
ココ、初めてダイビング中にクジラに出逢った伝説の場所。イルカだって、十数年に一度(:週末ダイバーのアバウトな感覚)のレアなチャンス。ただ、強運の方に寄生してゲットした現実を考えれば・・・ まだまだチャンスがある? でも、10年後? そう言えば、初水中クジラの時も、「他にお客さんいないんで船出ない」が、直前に飛び込みのお客さんが入ってぇ~ のミラクル(あの時の強運の神様、どうしてるだろう?)。寄生生活は止められない (^。^)y-.。o○

ミナミハンドウイルカ
ミナミハンドウイルカ

| | | コメント (0)

2020.09.24

泡(エアー)好き(バブルス)

この前のバブルスにつづき、別のバブルス(のご紹介)。
ここ(小笠原)では、カスミチョウチョウウオが大きな群れをつくるって、みたことないな・・・ なので、寄って来るのも単体。

カスミチョウチョウウオ

カスミチョウチョウウオ

カスミチョウチョウウオ
カスミチョウチョウウオ

ちなみに、「ファインディング・ニモ」出演の“バブルス”は、キイロハギ。キイロハギは藻食性なので、こんな風には寄ってこないかと思うが・・・ やはり、水槽飼育下でのストレス?

| | | コメント (0)

2020.09.23

はしゃぎ過ぎ?

・・・って、解釈(こっちが楽しい・嬉しいから、相手も楽しんでる・喜んでる)するのは、都合よすぎ?

ミナミハンドウイルカ

ミナミハンドウイルカ
ミナミハンドウイルカ

写真的に、南島周辺の白い砂地で、ダイビング中の遭遇でも明るい中で撮影できるのがイイ(滅多にチャンスはないんだけど・・・)。

| | | コメント (0)

なぁ~つのお~わ~りぃ~?

ゲストから“イルカ”のご所望があって、キャプテン渾身・執念のドルフィン・スイム。
が、バシャバシャな海域で、曇天も手伝い? 冬の頃のような画に・・・ まだまだ、ボニンブルーな海域があるのに、そこにはいてくれない・・・ 夏の終わりの予感?

ミナミハンドウイルカ

ミナミハンドウイルカ
ミナミハンドウイルカ

| | | コメント (0)

2020.09.22

ダメじゃん・・・

2人(尾)で、一緒にくぐると、成就するらしいよぉ~

ユウゼン

アレ?

ユウゼン

ユウゼン・ペア (´▽`*)

| | | コメント (0)

そして・・・

イルカ、来たぁ~ ヽ(^。^)ノ

ミナミハンドウイルカ

で、じゃれる (´▽`*)

ミナミハンドウイルカ

ミナミハンドウイルカ

| | | コメント (0)

2020.09.21

超・久しぶり

記憶にとどめていないだけかもしれないが(ログもたどったが、この13年間分には記載ナシ)、久しぶりに逢った。
好き・嫌いも無いし、このまま保存フォルダに入れたら、二度と見ない・探さないかと思うので、アップしとこう (´▽`*)

ヌノサラシ

ヌノサラシ
ヌノサラシ

| | | コメント (0)

台風12号 (@_@)

9月21日、晴れ/曇り、気温30℃。南東の風徐々に強く。
風があがってきたねぇ。海も・・・ なんて感じで側で台風発生? が(台風発生地帯が高緯度に)、現実味を帯びてきた? 「日本の南」と言うが、「小笠原(硫黄島)の西」と言う方が近い・・・ 12号は、ほとんど発達せず、北上するようですが・・・
そんななか、海へ。

イソマグロ、カスミアジ、ギンガメアジ、カッポレ等々登場。が、数が物足りない、遠い・・・ が、ハズレかと思えばラスト、クサヤモロとツムブリの群れが、ばぁ~ っと ヽ(^。^)ノ 単純なので、これで十分シアワセ。

クサヤモロ・ツムブリ

先週、定位置からズレてたミズタマヤッコのハレム、今日は、もとに戻ってました (´▽`*)

ミズタマヤッコ
♂相

ミズタマヤッコ
♀相

| | | コメント (0)

「Le Petit Prince」



これも、ちょっと前の作品。
サン=テグジュペリによる不朽の名作「星の王子さま」を、別の角度から描いたアナザー・ストーリー。クレイアニメ(本の世界)とCGアニメ(現実の世界)で、描かれています。ストーリーだけでなく、映像も音楽もよく、お気に入り。
昔、サハラ砂漠に不時着した「ぼく」は、その時の話をつづる一方、再び、星の王子さまに逢いたいと願い飛行機の修理を・・・ そこに名門校に入学するために引っ越してきた「私」がやって来て・・・ ん? この前に観たお話と設定が同じだな。たまたま? (´▽`*)

| | | コメント (0)

2020.09.20

ゴロゴロな週末。つらつらと・・・

この前の嫁島遠征の際に逢ったイルカたち。
ハシナガイルカ(50頭以上?)の群れにミナミハンドウイルカ十数頭くらいでついているような感じ。泳ぎ去ることなくのんびりしてる。でも、写真撮るには、ハッシーはまとまってるがハンドウはばらけてて、いまいちでした。

ハンドウが手前で奥がハシナガ

イルカの群れ

イルカの群れ

| | | コメント (0)

2020.09.19

ゴロゴロな週末。つらつらと・・・

体長(直径?)30㎝オーバーにもなる本種。
それが、あるときいきなり現われて人気者に。普段、日中みかけるときはほとんど動かず。頭の先端にあるエスカを振って、これをエサとまちがえて寄ってくる小魚などを捕食してるよう。なので、エサを探して動き回ることは無いかと思うので、何のために河岸を変えるのか? ペアで出現することもあり、伴侶を探して動き回り、たまたまダイバーが良く行く場所で鉢合わせというパターンもあるのかも。
色彩変異が多く、白・オレンジ・ピンク・赤・茶・黒など、いろいろ見かけます。カモフラージュというが、動き回り落ち着く先は、自分の体色にあった場所を居場所に選んでる? 環境に合わせて体色を変えられるのかな? また、極小サイズの頃やアダルトなサイズは見かけるのに、途中(中間サイズ)は、みかけた記憶がない。これも謎・・・

この前、出逢ったオオモンカエルアンコウ。
潮のあたる根のトップで、夜とか中層をガンガン泳いで移動してるのかも (゜-゜)

オオモンカエルアンコウ

オオモンカエルアンコウ

| | | コメント (0)

「ST. VINCENT」



前の作品ですが・・・
ビル・マーレイ主演によるハートウォーミング・ストーリー。
脳梗塞やその後のリハビリ代など??? 細かいことは気にしない。“孫”の貯金を全額引き出し競馬ですったりとトンデモないし、だらしなさは別として、根はいいジジイなので憎めない。これも、雨降って地固まるな、よくできた再生の物語。
邦題は別物ですが、伏線からのラストに喝采 (´▽`*)

| | | コメント (0)

「君は月夜に光り輝く」



佐野 徹夜 の同名の小説を映画化。「君の膵臓をたべたい」「響 -HIBIKI-」の月川 翔 監督、北村 匠海 主演・・・ と、期待しすぎた?
発光病って・・・ 「体が光る」「成人するまで生きられない」「治療法がない」と、何かオブラートに包んだ? ファンタジー狙い? まみず、光ってたけど、チープな・・・ キミスイをなぞって、設定を変えスリム化? でも、ラストひねり? は、無く・・・ 原作は、いいのかな?

| | | コメント (0)

2020.09.18

とうとう、遂に・・・

タイトルに関係なく、写真は、この前のハッシー ヽ(^。^)ノ

ハシナガイルカ

ハシナガイルカ
ハシナガイルカ

| | | コメント (0)

2020.09.17

イルカ・イルカ・イルカ

VS嵐も観ずに、もくもくと昨日の写真の整理。
ひと段落ついたので、いくつかペタペタ ヽ(^。^)ノ
ハンドウは、なんとなくバラけてたので(腕のせい?)、なんか、「これだぁ~」ってのが少なかったな・・・

ミナミハンドウイルカ

ミナミハンドウイルカ

ミナミハンドウイルカ
ミナミハンドウイルカ

| | | コメント (0)

2020.09.16

ラスト

9月16日、晴れ、気温32℃。南寄りの風少々。
夏の今井合宿最終日。今日も晴れ+べた凪で、嫁島遠征へ ヽ(^。^)ノ
マッコウクジラはチラ見程度。2頭確認するも、すぐに潜ってしまって・・・ ダイビングも、コレといった出物無し。
が、イルカが良かった。ハシナガイルカの群れと、それに付いてるミナミハンドウイルカ集団に遭遇。久しぶりのイルカにワクワク。1ダイブ目の前、2ダイブ目の前と、6回ほどチャレンジ (´▽`*)

今日の写真は、合宿打ち上げで帰宅したばかりで、まだ、ハウジングの中のカメラの中。なので、今日の写真は、この前のダイビング中のハンドウから。

ミナミハンドウイルカ

ミナミハンドウイルカ
ミナミハンドウイルカ

明日から現実に戻らないと・・・

| | | コメント (0)

光芒

ミナミハンドウイルカ
ミナミハンドウイルカ (´▽`*)

光芒
こっちは、イルカいないよ (^。^)y-.。o○

| | | コメント (0)

2020.09.15

あと、一日だ・・・

9月15日、晴れ、気温31℃。南寄りの風少々。
今井合宿後半戦、ぼくのなつやすみ:フェーズ3-1。
今日は、快晴・べた凪 ヽ(^。^)ノ あれだけ風に悩まされていたのに、無いと、暑い・暑い。こういう時にイルカに逢いたいが(いや、いつも逢いたいが)いない・・・
燦々
こういう時は、ついつい撮ってしまう画

太陽と雲
こちらも (´▽`*)

オキゴンベ属の一種
今日も今井合宿スペシャルの恩恵:3年ぶりのポイント
まだ、いました。名(和名)無しのゴンベ(Cirrhitichthys guichenoti

ウメイロモドキ
やはり、ウメイロモドキは青い海に映える

| | | コメント (0)

2020.09.14

明日のために・・・

写真整理中・・・ の、ちょっと休憩。
今日は、昨日の写真から、

ムレハタタテダイ
ムレハタタテダイの谷 ヽ(^。^)ノ

コクテンカタギ
コクテンカタギの丘 (´▽`*)

光芒
足元は・・・ このまま落ちて行ってもいいかも ♪ヽ(^。^)ノ

| | | コメント (0)

2020.09.13

収拾がつかない・・・

写真整理が終わらない・・・ 昨日はナイトも行って昨日の写真は、まったくの手つかず。飛び石とはいえ、このレンチャン、週末ダイバーにとって未知の領域。腰がイタイので、今日はここまで。でも、今井合宿後半戦参戦前までには終わらしたい・・・

ムレハタタテダイ・コクテンカタギ
ムレハタタテダイ+コクテンカタギ

ムレハタタテダイ・コクテンカタギ
水が青い (´▽`*)

ユウゼン小玉
カメラマンI、ユウゼン玉チャレンジ

ユウゼン小玉
カメラマンM、ユウゼン玉チャレンジ

| | | コメント (0)

あたぁ~りぃ~

9月13日、晴れ、気温31℃。南寄りの風。
今井合宿中盤戦、スポット参戦2-2。風とうねりが多少残るなか、嫁島遠征 ヽ(^。^)ノ
往路、マッコウクジラに遭遇。久しぶりに水中観察(下を通過しただけですが・・・)。 イルカはいないねぇ~ 自分と同じ、遅めの夏休み?
ダイビングは、前回残念だった1年ぶりのポイントで大当たり。水は青く温かく、予期せぬ大物は無かったが、このポイントらしい光景が完璧でした。で、おかわり(2本とも同じポイント)。

ムレハタタテダイ
むれむれ・ムレハタタテダイ

ユウゼン
かごめかごめ・ユウゼン小玉

コクテンカタギ
バブルス(わかるか?)を地でいく、泡に群れるコクテンカタギ

さぁ、また、1日ガンバって、夏休後半戦へ o(^o^)o

| | | コメント (0)

よ・も

久しぶりのナイト・ダイビング。
速報、魅惑の深海系はナシ・・・

テナガダコ

テナガダコ
テナガダコかな?

| | | コメント (0)

2020.09.12

中盤戦スタート ヽ(^。^)ノ

9月12日、曇りときどき雨、晴れ間もあって、気温31℃。南寄りの風強し。
ホントなら、今頃ケータで宴会のハズだったのに・・・ 普通な島周り3本勝負。イルカいたらしいが、水中で逢えず。

カッポレ・クマザサハナムロ
カッポレ・アタック

臨機応変な今井合宿。スペシャル・メニューで、これから、夜潜り。6か月ぶりだな ヽ(^。^)ノ

| | | コメント (0)

2020.09.11

鬩ぎ合い?

「なんか、天気がグズグズだな」「風があがってきた」「そばで台風発達」 なんてことがありそうな・・・ なんて、前に書いたから・・・ というわけではないと信じたいが、そんな感じで熱低発生。
台風に発達することなく北上するようですが、年に一度のお泊りケータ(聟島列島遠征)が、ぶっ飛んだ (-_-;) カメラのSDカードを、大きいものに替えるなど、こまごま、着々と、準備をしてきたのに・・・
そんなこんなでも、明日から再び、今井合宿(中盤戦)スペシャル・メニューにスポット参戦。何が出るかな、何があるかな、楽しみ (´▽`*)

今日の写真は、前半戦のハイライト o(^o^)o

ミナミハンドウイルカ
楽しそうな、ミナミハンドウイルカ

ユウゼン
シックに、ユウゼン

イソモンガラ
怒るとコワイらしい、イソモンガラ

| | | コメント (0)

2020.09.10

祝・3,300ダイブ ♡

本日の3本目が、 3,300本目のダイビングでした。
3本目で撮った写真を何か・・・ スカだったので、昨日の3本目の写真から、

ミナミハンドウイルカ
ミナミハンドウイルカ

次の目標は、3,333本かな (´▽`*) 近いな・・・

| | | コメント (0)

荒天

飛び石の夏休2日目。
9月10日、曇りときどき雨、気温28℃。北東の風強し。北東の風が吹きすさび寒いくらい。海(水中)は青く温かいが、曇りで暗い・・・
今日は、特にヤマ場無く終了(ハンマーヘッドが出たらしいが、自分はみてない・・・)。きっと、次なる爆発に備えチャージ中? 出来れば、自分の参加中にお願いしたい・・・ 明日は、いったん現実に戻ってお仕事。そして、今井合宿(中盤戦)に再び参加予定 ヽ(^。^)ノ

オオモンカエルアンコウ
泳げ、オオモンカエルアンコウくん

オニカマス
1尾でウロウロ、オニカマス

ユウゼン
恒例の、ユウゼン・ペアにちょっかいを出して戯れる

| | | コメント (0)

2020.09.09

現行犯

グアバの実が生る季節です。
ウチの前にグアバの木があって、車の駐車スペースに張り出した枝に生った実が熟しきったり、強風により落ちると、車の天井やボンネットにあたって、“ドン”と大きな音が、閑静な? 共同住宅地に響き渡ります。
それとは別に、ギィ~ギィ~、ギャ~ギャ~と、何か生き物がケンカする声が聞こえるようになり、風も無い暗闇の中、ガサガサ、バキバキと、葉をこする音や、枝が揺れる音など、夜が騒がしくなります。
「〇〇らしい」「○○だ」と、巷の噂を確かめるべく・・・

オガサワラオオコウモリ
オガサワラオオコウモリ

小笠原唯一の哺乳類で固有種。個体数が少なく絶滅危惧種に指定され、国の天然記念物。一方、農作物を食す害獣としても扱われ・・・

グアバの花
こちらは、グアバの花(3か月ほど前の写真)

| | | コメント (0)

玄関開けたら2分でごはん・・・ じゃなくて (´▽`*)

9月9日、晴れ/曇り、気温31℃。東寄りの風強く。
海は、場所によっては台風10号のにごりが残ってる? 程度で、前とあまり変わらないくらいに回復してるかな。でも、高気圧辺縁の風が・・・
ということで、飛び石の夏休1日目。
蓋を開けてみれば、強運の神様のほか、プラス、 選りすぐりのVIP2名もいらっしゃってて、メニューもスペシャル。これは何もないはずはない。で、個人的には午前中はスカだったが、午後にギュ~ っと、濃縮されてた。
3年ぶりのポイント。エントリー直後:沈みながら、カメラを確認・セッティングし、「よし」と顔を上げれば、イルカぁ~ ヽ(^。^)ノ あたふた、慌ててカメラのセッティングを戻し、しばし戯れる (´▽`*)

ミナミハンドウイルカ
ミナミハンドウイルカ

VIPのひとりは、7月に一か月滞在されてた、あのお方。やはり、リーチの差? に敗れる (>_<)

ダイビングでは、巨大ロウニンアジがウロウロ(これも負け? た)、いいサイズのカスミアジが群れでクマザサハナムロにアタックなど、コースで出てくる。ココ、こんなポイントだったっけ?

ロウニンアジ
ロウニンアジ

エクジット後、まだ、先ほどのイルカがウロウロしてるというのでチャレンジを試みるも見失う。でも、代わりにマンタぁ~ ヽ(^。^)ノ

オニイトマキエイ
オニイトマキエイ

欲を言えば、出物が出るときは、太陽が雲に隠れてないで、その海域だけでも透明度がいいのがいいな。ん!? (゜-゜) 天候・海況は下り坂の予報・・・

| | | コメント (0)

2020.09.08

とびいし・・・

夏に帰省(休暇上京)が恒例となっていましたが、コロナ禍により断念。代わりに、強運の神様ご来島に合わせ、仕事の合間を縫って島内で休暇をいただきます ヽ(^。^)ノ
休み・休み・仕事・休み(週末)・仕事・休み・休み と。
心配性なので、きっちし予定を組んだものの、体力的にも精神的にもなかなかハードな一週間になりそう。乗り切れるかな?

休み(新作入荷)を前提に、今日も大盤振る舞い?

ミナミハンドウイルカ
ミナミハンドウイルカ

アオウミガメ
アオウミガメ

ギンガメアジ
ギンガメアジ

ユウゼン
ユウゼンのチビ (´▽`*)

| | | コメント (0)

2020.09.07

淘汰

最近の変化について行けない・・・ まじめに考えると、パンクしそう。
ボォ~ っとしてるように見えても、ドクター・ストレンジ並みに、あらゆる状況・設定を鑑みいろいろ考えてます (´▽`*) でも、結局は、周りに丸め込まれる、流されるパターンでないと、生き残れないのか・・・

季節の変わり目なので、気にしないでください。
で、今日の写真は、

ミナミハンドウイルカ
ミナミハンドウイルカ

トサヤッコ
トサヤッコのチビ

コクテンカタギ
微妙な数・集まりのコクテンカタギ

| | | コメント (0)

2020.09.06

「Knives Out」



N.Y.郊外、ミステリー作家で大富豪のハーラン・スロンビー 85歳の誕生日パーティーに家族一同が会し、その翌朝、遺体で発見される・・・ 馴染みな(よくある)設定に、2時間以上という長尺で、この手の“名探偵モノ”は、設定説明の段で相関関係を把握するまでダレますが、なんとか観切って・・・ なかなかオモシロかった。
キャストも豪華で、キャプテン・アメリカがそんな木っ端なはずは無いとの目論みを見事に踏襲し、なんとか、007が辛勝する・・・ って、観ちゃうよなぁ~ (´▽`*)

| | | コメント (0)

ゴロゴロ

な、週末。
今日の写真は、最近のストック、ワイドからマクロまで ヽ(^。^)ノ

ミナミハンドウイルカ
ミナミハンドウイルカ

アオウミガメ title=
アオウミガメ

スミツキベラ
スミツキベラのチビ

イトヒキブダイ
イトヒキブダイのチビ

| | | コメント (0)

2020.09.05

「いぬやしき」



これも、ちょっと前の作品ですが・・・
「GANTZ」の 奥 浩哉 原作のコミックを、木梨憲武と佐藤健のW主演で映画化したSFアクション。
きっかけは深く考えず、トラブル? により同じ力(体)を得ても、その時の状況・境遇で結果的にヒーローとヒールになってしまう・・・ 哀しい。
「ジジイvs高校生」「俺が悪役で ジジイがヒーロー?」のフレーズも愉しい。興行的には不振に終わったようだが、個人的に好き。楽しめました。

| | | コメント (0)

「羊と鋼の森」



ちょっと前の作品ですが・・・
本屋大賞受賞、直木賞候補作にも選ばれた、宮下奈都の同名の原作を映画化。
未だ、将来の夢・目標を見いだせていない少年が、あるきっかけでピアノ調律師を目指し、成長していくお話。ピアノも弾けないのに? とは思いますが・・・ ピアノ繋がりでいろいろな方々の再生の物語があって、その中のひとつ、ピアニストを目指す姉妹がそれぞれの挫折を乗り越え、それぞれの道を選択していくエピソードが深く絡んでいきます。
キャストもなかなかイイ感じ。評価は分かれたようですが、自分は好き (´▽`*)

| | | コメント (0)

2020.09.03

今日は暑かった

台風10号、予報が中れば9号につづきヤバいですね。偏西風が蛇行して、かなり高緯度を流れているようで、どんどん勢力を強めながらまっすぐ北上? よくあるパターンでは、小笠原の南を西に抜け北寄りに進路を変えたあと、ブーメランのように戻って来る・・・ 海水温が高いからって・・・ 今の状況でそうなったら、どこまで発達するのか・・・ 危険です。週間予想気圧配置では1週間後に、2つのあやしい影も・・・ 1週間毎にドキドキ (-_-;)

今日の写真は、もうちょっと夏気分を・・・ の期待から

2020年の夏

と、イルカの写真もペタペタと

ミナミハンドウイルカ

ミナミハンドウイルカ
ミナミハンドウイルカ

| | | コメント (0)

2020.09.02

海は・・・

不安定な天候の続く小笠原。毎日、雷が・・・
台風10号は、700kmほど南に中心があるようですが、西寄りに進んだのち北上する予報。とりあえず、こちらが暴風域にかかることも無さそう。
それでも、海は、これから週末にかけ大荒れの模様。今日入港したおが丸は、ダイヤを変えずに、帰路がんばるのかなぁ?

ミナミハンドウイルカ
ミナミハンドウイルカ

ハシナガイルカ
ハシナガイルカ

| | | コメント (0)

2020.09.01

週末、台風か・・・

その先を見こして・・・ どの子がお好み?

マルスズメダイ
マルスズメダイのチビ

アンボンスズメダイ
アンボンスズメダイのチビ

ヒレグロスズメダイ
ヒレグロスズメダイのチビ

| | | コメント (0)

(-_-;)


200901
Joint Typhoon Warning Center (JTWC)

| | | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »